指紋認証の絶対的な脆弱性といえば、
自分が寝ている間に勝手に認証を突破されてしまう、という点だと思います。
まあたいした情報はありませんが、Evernoteとか見られたら非常に恥ずかしいですw

 

それでいろいろ試していたのですが、一番最良と思われる対策が、
「寝る前にiPhoneの電源を切る!」
という方法です。

 

少なくともiOS7.0.4では、再起動時は指紋ではなく、パスコードを入力しなければログインできません。
いやぁ、よく考えられていますね。さすがApple。
それに、iPhoneに限らず、スマートフォンやPCは定期的に再起動しないと不安定になるので、
就寝時に電源を切る事で毎日快適に使用でき、一石二鳥だと思います。

 

が、しかし。毎日電源を切ったりするのは面倒くさいですよね。
そこで、自動的に指定した時間になったら電源OFF、電源ONできれば良さそうです。
(ガラケーにはこういう機能がありましたね)

そういうアプリがあるのであれば教えて欲しいですね。
まあ、無いなら作れば良いだけですが。

 

実は、再起動が面倒!という方にもとっておきの方法があります!
それは、あえて指紋登録していない指でエラーにするという方法です。
何度か認証に失敗すると、TouchIDが以下の画面のように無効になります。

 

TouchIDが無効になった画面

何度か認証に失敗すると、このようにTouchIDは無効になります。

 

ただ、この方法だと、TouchIDに何らかの不具合が起こったり、
指紋の認証精度が下がってしまうような気がしなくもないので、多用は避けた方が良いのかも。

 

それにしても、AndroidもiPhoneも使った身としては、
本当にiPhoneは良く考えられているとつくづく思いますね。
UIもUXも、シンプルだけど複雑な機能も、Appleの哲学を感じます。

 

 

p.s.
散歩してたら、ふと「サイレントサイレン」っていう言葉を思いついて、
「なんかいい響きだな~」とか、「今開発中のウェブサービスの名前を「SilentSiren」にしよう!」とか、
「サイレントサイレンってすごく意味深な名前思いついたな~もしかしたらコピーライターのセンスもあるのかっ!?」
とかいろいろ妄想しながら帰宅して、
さっそくドメインを取ろうと思ったんですが・・・・・
ガ・ガ・ガ・ガ・ガールズバンド・・・
SilentSirenっていうガールズバンドが存在していたんですね。
(※メンバーがすごくかわいいにも関わらず)知らなかった;

 

なんていうか、大発見をしたような気分になっている時に、
実は既存のアイデアだった事が分かると、たとえ名称とはいえ、ショックが大きいですね。
あ、でもSilent Sirenの曲を聴いていたらショックが和らいできたわw(白目

 

p.s.2.
この記事も1番手だと思っていたのですが、2番手でしたw
1番手の記事はこちら。


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です